2016年05月23日

SNSアカウントの乗っ取りから身を守る?今こそ見直したい不正ログイン方法

先日、長澤まさみさんをはじめとした芸能人のFacebookに不正ログインした会社員が逮捕されました。SNSの普及に伴い、アカウントの乗っ取りが増えています。他人事と思って油断していませんか? しかし、明日は我が身。転ばぬ先の杖として、SNSの乗っ取り対策をご紹介いたします。

今こそ見直したい!SNSアカウントの乗っ取りから身を守る方法

不正ログインSNSアカウントの乗っ取りから身を守る方法.jpg
あなたのSNSは大丈夫?

■ 複数のサービスで同じパスワードを使わない

SNSやWebサービスが星の数ほどある昨今、サービスごとにパスワードを変えるのはおっくう……。それゆえ、同じパスワードにしてしまいがち。しかし、実はとても危ないことなんです。というのも、「リスト型アカウント攻撃」と呼ばれるハッキングの手段が増えているためです。この「リスト型アカウント攻撃」とは、あるオンラインサービスから流出したIDとパスワードを使い、他のサービスにログインしようとする方法。そのため、複数のWebサービスで同じIDとパスワードを使っている人ほど、乗っ取りの被害に遭う確率は高くなるのです。多少なりとも面倒ですが、それぞれのWebサービスで異なるIDとパスワードを設定すれば、乗っ取りを防げそうです。

■ わかりやすいパスワードにしない

今回の事件の犯人は、芸能人の名前や誕生日をもとにパスワードを類推していました。名前や誕生日、電話番号など、特定しやすい文字を使ったパスワードはとても危険です。また、そのようなパスワードの場合、犯罪の被害に遭っても過失と見なされてしまう可能性もあるのだそう。「o(アルファベットのオー)」を「0(数字のゼロ)」に変えるなど、工夫を凝らしたパスワードにしましょう。

■ 念には念を入れた二段階認証を

IDとパスワードに加えて、「ワンタイムパスワード」を入力することでログインする方法が二段階認証。「ワンタイムパスワード」とは、ログインしようとするとSMSやメールで携帯に送られるパスワードです。つまり、「ワンタイムパスワード」を受け取る携帯がないとログインできません。最近ではTwitterやFacebook、Googleなど、二段階認証は大手のWebサービスですでに導入されています。これを利用すれば、第三者からの不正アクセスを大いに防止できそうです。

■ 自分の身は自分で守る

ハッキングされると非公開の情報が見られるだけでなく、SNSで繋がっている友達にスパムが届くなど、自分だけでなく周囲にも被害が及びます。もしかすると、今この瞬間、第三者がアカウントをのぞき見しているかもしれません。SNSやWebサービスのアカウントに使い慣れているからこそ、細心の注意が必要です。これを機にパスワードを見直してみるといいですね。

(著:nanapiユーザー・mekds 編集:nanapi編集部)

nanapi引用


ラベル:twitter SNS Facebook
posted by スマホk at 21:14| SNS  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする